地方の時給が高め!?派遣薬剤師のメリット!

登録型の場合は就労先の環境などを事前に把握した上で就業ができます

派遣には登録型と常用型の2つの種類があることをご存知でしょうか / 登録型の場合は就労先の環境などを事前に把握した上で就業ができます / 目標額に到達できるのかをしっかり把握しておくことが大切

これに対して、登録型の場合は就労先の環境などを事前に把握した上で就業ができますので、ドラッグストアや病院など仕事場がどこになるのかを把握した上で仕事をスタートできるなど常用型とは違ったメリットを持ちます。
なお、常用型の薬剤師派遣の仕事は他の職種と比べるとそれほど多くはなく、どちらかというと登録型が一般的です。
働く時間に制限を設けたい人やプライベートを充実させたい人、そして時短で稼ぎたい人などにはメリットを活かすことはできるのではないでしょうか。
ちなみに、都心部においての時給の相場がどのくらいであるのか、これを知っておくことも大切です。
都心部では2,200円〜3,300円が時給相場、病院や製薬会社・調剤薬局など働く先の種類に応じて時給も変わります。
アルバイトやパートなどの時給と比べると登録型の方が高め、社会保険についてもパート労働者と同じく加入ができるため自己負担額も少ないなどのメリットもあります。
ただし、交通費については会社により時給に含まれているケースと別途支給のケースがあるため事前に交通費について調べておくことが大切です。
特に、通勤時間が長めになる場所で就労するとなったとき、どのくらいの負担が必要になるのかを調べておかないと負担が大きくなることもあるので注意しなければなりません。